オンライン英会話の魅力【子供も英会話を学ぶ時代】

ニュース一覧

綺麗なイントネーションを

アルファベット

ヒアリングが大切

グローバル化が進んだこの現在で、外国語を会得しておくのは、将来子供にとっても大変大きなメリットとなるでしょう。今世界で英語が通じない国というのも少なくなって来ています。やはり、子供には、小学生頃の早いうちから習わせておいて損はないでしょう。英語で1番大事なのは『聴くこと』です。世界で英語を喋る人はたくさんいますが、そのほとんどはネイティブスピーカーではありません。どこの国の人も、訛りがあって当たり前なのですから、子供の発音がよくない、と悩むのは得策ではありません。それ以上に大事なのは、英語を聞き取る能力、いわゆるリスニングの方なのです。日本人のほとんどは学校できちんと習うため、文法はできる、完璧だ、という人も多いのですが、殆どの方が英語を聞き取れない、ということで悩んでいるのです。小学生のうちから英語に慣れさせておくことのメリットとして、耳が慣れてしまうことが挙げられます。そのうち大きくなって、小学生から中学生、高校生になった時には、小さい頃から英語を聞いていた記憶が脳に残っているので、英語でのコミュニケーションがしっかりと取れるようになるのです。また、小学生の時に習った英語を忘れてしまっても、イントネーションや発音はなんとなく記憶に残っているから、むしろ発音がかなり綺麗である、ということも多いのです。将来子供を海外で勉強させたいなら、小学校三年から六年生の間に留学させるのも良いでしょう。しかし早ければいいというわけでもなく、子供が日本語を忘れない程度に成長してから、英語も喋れるようにしたいというのは難しいもの。時期をしっかり見極める必要がありますね。